2016年4月13日水曜日

カトマンズカフェ探検 Chez Caroline @ ババールマハル


昔から多くの欧米人旅行者が訪れることも理由の一つでしょうか、山へのトレッカー達が一息つける場所や、ネパールライクな雰囲気のお店が多いのは言うまでもありませんが、ネパールらしくない雰囲気の場所が点在するのも、逆にネパールの魅力の一つになっているようです。

週末訪れたのは、カトマンズのバハルマハルコンプレックス内にあるChez Caroline 
ウェブサイト http://www.chezcarolinenepal.com/




白塗りの壁に囲まれた人気の少ないお店のウィンドウを眺めながら、奥へ進むと、南仏のカフェにでも紛れ込んだような錯覚にとらわれます。客層の殆ども欧米人で、奥のグループはドイツ語でしょうか、大きな木の下の女性はフランス語を喋ってました。

その日は、ラザニアとラビオリを注文。久しぶりにベルギーのビールを瓶でいただきました。

ラザニアはいわゆるイタリアンな感じではなく、グラタン皿に工夫したものと、コールスローの付け合わせ少々。味に不満はありませんでしたが、想像したものと違ったのと、後から注文した2つケーキのうち、チョコレートケーキが湿り気の無い放置された感じが残念でした。でもサービスのパンは美味しかったです。

ちょっとネパールの喧騒に疲れたとき、おすすめかもしれません。

辛口かもしれませんが、☆☆(3点満点2)とさせていただきます。


(田口)




【お店情報】
Chez Caroline (シェ・キャロライン) 地図 https://goo.gl/maps/bnjCZyYwUbu

1997年創業の老舗フレンチレストラン。ババールマハルコンプレックス内、1F。
スープ、サラダ、肉野菜魚類のメインコース、パスタ、デザート等フルメニューを要する本格派。土日限定のブランチメニューもあり。気持ちの良いスタッフが多い。

定休日  : なし(ダサイン等主要な祝祭日のみ、事前にお店に掲示)
営業時間: 09:30~22:00
予約等  : +977-1-4263070 または caroline#mail.com.np (#を@に変えて下さい)

より詳しい情報は・・・
ウェブサイト http://www.chezcarolinenepal.com/
フェイスブック https://www.facebook.com/chezcarolinenepal/